コスメから脱毛まで女の子が気になる美容情報がいっぱい♡

キレイでカワイイ女性になる

コスメ

2017年春夏のおすすめは暖色系アイシャドウ!

更新日:

皆さんは、季節やその時に流行によって服だけでなくメイクも変えていますか?

服装は流行に乗っているつもりでも、メイクは1年中変わらないという人は少なくないと思います。せっかく、流行の服を着ているのに、顔が旬のメイクでなければもったいないです。

そこで、今回は、2017年の春夏におすすめのメイクの中でもアイメイクに絞ってご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

2017年の流行のキーワードは「濡れ感」

今年は何と言っても、濡れ感のあるメイクが来ています。少し前まではマット系が流行っていましたよね。

ですが、この春夏はやや艶があり、濡れたような質感を強調し女性らしさを演出する濡れ感メイクがトレンドです。それは、肌だけでなく、アイメイクにも言えることです。

そのためアイシャドウなどもツヤ感があり、ラメの入ったものを使うと良いでしょう。

流行カラーは暖色系

なお、この春・夏の流行カラーは暖色です。その中でもダントツ人気なのが、ピンク系!

女っぽさと遊び心のあるピンクのアイシャドウは一気にトレンド顔へ変身させてくれます。

 

それでは、目の形別にピンクアイシャドウの使い方を説明します。まず、二重の場合、アイシャドウは目頭から目尻まで二重の幅に合わせて塗りましょう。そして、濃いめのブラウンのシャドウを同じく目頭から目尻まで、まつげの付け根部分に沿って塗っていきます。最後に、2色のシャドウをグラデーションにするように綿棒などでやや境目をぼかします。これが、ピンクでも腫れぼったくならない二重さんのピンクメイクの基本です。

 

次に、奥二重の場合、肌色に近い薄めのピンクを奥二重の幅に沿って目頭から目尻まで塗ります。そして、やや濃いめのピンクを上下瞼の中心にポンポンと置く程度に重ねていきます。奥二重さんが、二重さんのようなピンクの使い方をすると目が腫れぼったくなるので、注意しましょう。

 

最後に一重の場合です。一重さんも同様にピンクを全体に使うと腫れぼったくなるので、目尻だけに濃いめのピンクをもってきましょう。そして、まつげの付け根部分にブラウン系のアイライナーを引きましょう。すると、アイライナーでキリッと締まるので、目尻に入れたピンクが引き立ちます。以上が、ピンクアイシャドウの使いこなし方でした。今年の春夏はぜひ、ピンクを試してみてください!

-コスメ

Copyright© キレイでカワイイ女性になる , 2017 AllRights Reserved.