コスメから脱毛まで女の子が気になる美容情報がいっぱい♡

キレイでカワイイ女性になる

まつげ オシャレ女子におトクな情報 体験談

自然な長いまつ毛になる「まつ毛のケア」

更新日:

「まつげ」は、目もとの印象を大きく変えます。

まつげの存在が際立って見えるだけで、目の大きさも、実際より大きくみせられます。目がぱっちりしている人は、まつげも長くてふさふさしている印象がありますね。

女性らしい大きな目もとにみせるためには、まつげの存在が極めて重要です。

アイメイクでも、まつげの存在が非常に重要なことが分かると思います。「つけまつげ」を使用したアイメイクが、ひと昔前に、とても流行りました。多くの雑誌で、アイメイク方法が取り上げられました。

 

雑誌のモデルさんは、常につけまつげをつけて、誌面に登場していました。次第に、「モデルさんがプロデュースしたつけまつげ」がたくさんお店に並ぶようになり、大きな話題にもなりましたね。「どれだけ目を盛れるかどうか」が定番で、バサバサしたつけまつげが主流でした。また、つけまつげを2枚重ねにしてつける方法もありました。下まつげ用のつけまつげも、たくさん種類があり、下まつげを付けていた方は多かったと思います。

自然な印象を与える「つけまつげ」が流行り

しかし最近では、「いかにもつけまつげをつけています」というアイメイクよりも、「より自然な印象のまつげで、目を大きくみせる、比較的にナチュラル思考」の方が主流になってきています。

そのため、最近の「つけまつげ」は、自然な印象に仕上がるよう、1本、1本の毛が細く、毛先に工夫されているものが多くなってきました。

 

また、これをきっかけに、今までつけまつげを付けていたけど、「ビューラー」と「マスカラ」で、まつげを強調する一般的なアイメイクに変えた方もいると思います。

 

あるいは、最近ブームとなっている、「まつげエクステ」をしている方も多くなってきました。

  • つけまつげをつける手間が省ける
  • つけまつげよりも、自然なまつげにみせられる
  • 素顔になっても、ぱっちりした目のままでいることができる

といった、大きな魅力がたくさんあります。

 

芸能人や雑誌のモデルさんも、目もとをよく見てみると、「まつげエクステ」をされている方が多いですね。

スポンサーリンク

 

まつげ次第でぱっちりした大きな目に

これらのように、アイメイクやまつげエクステで、ふさふさした長いまつげにすると、大きな目にみせることができます。

また、顔全体の印象も変えられます。ひと昔前も、最近も、まつげは、大きな目もとにみせるための1つの重要なポイントになっているのが分かりますね。
しかし、いくらアイメイクに力を入れていても、やはり「綺麗で存在感のある、ふさふさの素のまつげ」に憧れる方は多いと思います。

 

私は、過去に化粧品の販売員をしていましたが、

  • まつげの毛量が少なく、長さがない
  • すぐに抜けてしまう

 

と悩まれているお客様は、非常に多かったです。そこで今回は、「まつげのケアの方法」について説明していきたいと思います。

美容販売員おススメのまつげケア

私のおすすめする、まつげのケア方法は、「まつげ美容液」を使って、スキンケアと同じように、日頃からお手入れを心がけることです。

 

「まつげ美容液」は、ドラッグストアでも売っているので、手軽に購入できます。使い方は、朝と夕の洗顔した後に、目に入らないようにまつげに塗ります。このような毎日の地道なお手入れによって、まつげが抜けにくくなり、成長しやすくなるため、伸びやすくなります。

ちなみに私が使っているまつ毛美容液はこちらです。

 

私も毎日、まつげ美容液でケアをしていますが、使用する前よりも、断然、まつげの状態はよくなりました。使用する前は、まつげがとても抜けやすく、短いまつげでしたが、「まつげ美容液」で毎日ケアをするようになってからは、まつげが抜けにくくなり、まつげの長さも長くなりました。

まつげ美容液は健康的なまつげを手に入れるためのアイテム

「まつげ美容液」は、健康的なまつげを手に入れられるアイテムです。

 

私たちのまつげは、日常生活のなかで、気づかないうちにダメージを受け続けています。例えば「紫外線」もその1つの要因です。また最初の方でお話しした、アイメイク方法やまつげエクステも、メイクで目もとを強調する上では重要なポイントですが、同時に、素のまつげに大きな負担がかかっています。

 

そのため、私たちが思っている以上に「まつげのケア」は大切なものです。ダメージを受け続けたまつげは、生えてきてもすぐに抜けてしまいます。これでは自然とまつげの毛量も減り、長さも短くなってしまいます。

 

そこで、まつげ美容液で毎日ケアすることによって、日中受けたダメージを和らげることができ、綺麗なまつげを保てるようになります。

また同時に、アイメイクを落とす際は、「ポイントメイクリムーバー」(目もと・口もとの専用リムーバー)を使って、こすらないで優しく落とすように心がけましょう。

 

そして、「ビューラー」を使用する時は、強い力でまつげを挟まないように意識しましょう。また、最近のビューラーは、いちいち上向きに持ち上げなくても、綺麗なカールが作れるものもあります。

まつげの負担も考えて、そのようなビューラーに変えるのもいいかもしれません。このように、まつげ美容液でケアしながら、ちょっとした小さなことにも心がけると、まつげの状態が変わってくると思います。

まつげの育毛剤は

しかし、「まつげ美容液」は、「まつげ育毛剤」ではないので、育毛効果は期待できません。「まつげ育毛剤」は医師の処方がないと、手に入らないものです。

 

よく、「緑内障の目薬」は、育毛効果があるといわれています。私は医師ではないので、詳しいことは書けませんが、あまりにも、まつげがスカスカで悩まれている方は、1度病院に行って、医師に相談することをおすすめします。ちなみに今のところ、市販の「まつげ育毛剤」はありません。お店で売っているものは、全て「まつげ美容液」となります。

 

また、「まつげ美容液」といっても、たくさんのメーカーから出ていて、何がいいのか迷ってしまいます。

 

実際のところ、効果もスキンケアと同様で個人差がありますし、場合によっては、目もとの皮膚に合わない可能性もあります。接客をしている時でさえも、「お客様には、この商品を購入して使用すれば必ず効果がでますよ。」というような確実に効果を保証する商品の紹介はしていませんでした。

 

正直、はっきりとした効果は使ってみないと分からないからです。しかし、同じまつげ美容液のなかでも、やはり圧倒的に売れている人気商品はありました。もし迷ってしまった場合は、直接店員さんに相談してみるのもいいかもしれません。

 

こればかりはサンプルが存在しないので、コストがかかってしまいますが、実際に購入して、自分にとってベストなまつげ美容液を探してみてください。

 

また、出しているメーカーによって、美容液の塗り方も様々です。

 

「マスカラと同じように塗る『ブラシタイプ』のもの」、「先端がチップ形式になっている『チップタイプ』のもの」や、「手に1度出してから『指で塗るタイプ』のもの」など使用方法も異なってきます。自分にとって、使いやすいまつげ美容液を選ぶのも大切です。

しかし、場合によって、「アイライン」、「マスカラ」のアイメイクが滲みやすくなってしまいます。そのような場合は、夜のスキンケア時にのみに塗ることをおすすめします。
最後に説明しておきたいことがあります。まつげには「毛の周期」というものがあります。「毛の周期」とは古い毛が新しい毛に生え変わる「ヘアサイクル」のことです。

 

生え変わる際、古いまつげの毛は自然と抜けます。髪の毛と同じ仕組みです。ブラシで髪をとかす時や、髪を洗っている時に、髪の毛が1本も抜けないという人はいないと思います。髪の毛が抜けるのも、「ヘアサイクル」があるからです。

つまり、まつげも抜けないまつげはありません。毎日何本かは抜けるようになっています。だからといって、健康的なまつげは抜けても毛量が少なくなった、と感じることはありません。なぜなら、抜けるとともに、また新しい毛が生えてくるからです。これも髪の毛と同じです。本来、毛が抜けることは、「自然な現象」であって、悪いことではありません。ですから、「まつげのケア」をしていても、抜けるという現象は当たり前だということは、よく覚えておいてくださいね。
いくら、アイメイクやまつげエクステで、まつげを強調していても、土台の素のまつげがしっかりしていなければ、思うようにアイメイクも映えません。スキンケアに力を入れている方は多いと思いますが、これからは「まつげのケア」にも、少し力を入れてみませんか?綺麗でいきいきとした素のまつげを手に入れることができたら、普段のアイメイクももっと楽しくなっていくかと思いますよ。

-まつげ, オシャレ女子におトクな情報, 体験談
-

Copyright© キレイでカワイイ女性になる , 2017 AllRights Reserved.