コスメから脱毛まで女の子が気になる美容情報がいっぱい♡

キレイでカワイイ女性になる

バストアップ

胸を大きく!バストアップを目指して!!(3)姿勢とストレッチでバストアップ

更新日:

前回までのおさらいです。

胸を大きく!バストアップを目指して!!(1)貧乳、微乳の原因を調べてみたよ!

胸を大きく!バストアップを目指して!!(2)バストアップの方法と日常のケア(食事編)

貧乳・微乳から美乳を目指して、いよいよ第3弾

今回は

バストアップに大事な姿勢とバストアップに欠かせないブラ選びについて!

姿勢を直せば、バストアップと上向きバストとスタイル改善、美脚効果にも!?

%e7%8c%ab%e8%83%8c

胸を大きく!バストアップを目指して!!(1)貧乳、微乳の原因を調べてみたよ!でもお伝えしましたが、姿勢が悪い状態、猫背や巻き肩(巻き込み肩)だと、胸を支える大胸筋が衰えやすくなるだけでなく、女性ホルモンや成長ホルモンが届きにくく、さらに、リンパの流れも悪くなって老廃物を体の外に出ししくくなるといった悪影響ばかり出てきてしまいます"(/へ\*)"))

猫背の場合、他にもこんな悪影響が(   ロ)゚ ゚

  • 頭が前に出る:首から肩にかけての筋肉に負担がかかる → 首こり
  • 肩が内側に入る:肩甲骨周りの筋肉に負担がかかる → 肩こり
  • 背中が丸くなる:背骨あ周りの筋肉に負担がかかる → 腰痛
  • 体が前かがみになる:内臓が圧迫される → 消化器官・内臓の機能低下
  • 胸が圧迫される:呼吸が浅くなる → 自律神経の乱れ
  • 筋肉がこわばる:血流の低下やリンパの流れが低下 → 冷えや便秘・肥満やむくみに

これらの悪影響の要因が姿勢の悪さにあるのであれば、姿勢を改善するだけで、体調も良くなり、バストアップにもつながる良いことだらけです!

 

でも姿勢の改善って、すぐに、簡単にできるものでもありませんよね( ´・ω・)

 

しかし改善ができれば、体調が良くなるだけでなく、女性ホルモンや成長ホルモンも胸に届くようになり、また胸を支える大胸筋も自然に鍛えられます。結果、バストアップが期待できるようになりますが、さらに、姿勢がピンと伸びだ状態では胸も上向きになります。実際に鏡の前で自然に立った状態と、意識的に姿勢を伸ばした状態を比較してみてください。明らかにバストトップの場所が変わり、胸が上向きになっていることが分かりますよね。

姿勢を改善することでバストアップだけでなく、上向きバストも手に入れることができ、さらに血流が良くなることで成長ホルモンや女性ホルモンが届きやすくなる。しかも姿勢が良くなることで立ち姿や歩く姿も良くなり、美脚にもつながると良いことだらけなのです。さらに基礎代謝もあがり、脂肪を燃焼しやすく、猫背の状態に比べると内臓の働きも活発になると言われています。

姿勢の改善は時間がかかるかもしれませんが、良いことだらけなので、ぜひ頑張って姿勢の矯正にチャレンジしましょう!

 

姿勢を直し、バストアップに繋がるストレッチとトレーニング

では、具体的にどのように姿勢を直していけばいいかということになりますが、

 

まず、姿勢を直すには普段の姿勢への気配りが重要です。最近では整骨院でも姿勢矯正をしてくれるところが多くありますので、そういったところに通うのも一つですが、日常から気を付けておくことも大切です。

普段から頭の上から吊られているようなイメージで、背筋を伸ばして立つようにしましょう。

他にもあごを軽く引き、軽く胸をはり、おへそあたりに軽く力を入れて、足を引き締めるような感じで立ちます。正しい姿勢であれば、最初は違和感があるかもしれませんが、リラックスした状態になっているので、次第に負担が少なくっているのを感じることができるはずです。または壁に後ろからくっつき、頭の後ろと肩、お尻とふくらはぎ、かかとの5カ所を壁につけてみてください。これが正しい姿勢となります。

次にバストアップに向けたストレッチです。f2c743fb5795fecca7a7ebe0676178d2_s

このように合掌のポーズを試したことがある人も多いのではないでしょうか?

  1. 姿勢をよくして、胸の前で手を合わせる(合掌ポーズ)
  2. ひじは肩のラインまで上げ、直角に曲げる
  3. 息を吐きながら、手のひらを押し合う(15秒くらい)

これを1日5回×3セット。左右にねじったりすることをプラスすれば、そのあたりの筋肉もほぐれるため、おススメです

ただ、バストアップと考えると、どうしても胸の下にある筋肉を鍛えることを考えてしまいがちですが、同時に鍛えておかないといけないのが、背筋や腹筋です。キレイな姿勢になるためには、背筋が伸びておかなければいけませんので、背中やお腹を鍛えるためにも、膝をつけた状態での腕立て伏せや背中をそらすストレッチ、また肩甲骨のストレッチなども効果があると言われています。

 

姿勢を良くするストレッチ以外に、座っているときの姿勢も大事

ここまでを毎日続けられれば、きれいな姿勢も目指せそうですが、やはり毎日続けるのは大変です。事実、毎日続けることが出来ずに断念している人も多く見かけます。

また現代は事務作業など座って仕事をすることが多く、パソコンで作業をしている人は特に姿勢が悪いまま仕事をしています。他にもスマホを長時間触ったり見ていることも姿勢を悪くする要因と言われています。今では平均寿命から換算すると、椅子に座っている時間はおよそ17年分という話もあるくらいです。ストレッチは立った状態の姿勢を良くしても、座っているときの姿勢が悪いままでは意味がありません。

そこで普段椅子に座っている時から姿勢をよくすることを意識しておかなくてはいけません。しかし仕事をしながら姿勢を意識し続けるのも大変です。気づいたらいつもの状態に・・・なんてことに。
そういった長時間座って仕事をする人たちのために、座っているときの姿勢ケア用品も開発されています。「仕事で腰を曲げる事が多い」「長時間同じ姿勢で座りっぱなし」の人にもおススメです。こういったものを取り入れるものキレイな姿勢への近道になりそうですね♪

>> 座っている時からキレイな姿勢を目指す <<

Style

 

 

-バストアップ
-, , , ,

Copyright© キレイでカワイイ女性になる , 2017 AllRights Reserved.